医学博士×シューフィッター専門家と共同開発。姿勢と足のお悩みトータルサポート

[勝野式RAKUひざクッション] 腰痛 安眠 腰の痛み クッション ひざ ヒザ 膝の痛み 膝痛 背もたれ

価格: ¥2,138 (税込)
[ポイント還元 21ポイント~]
カラー  
レッド
 
ネイビー
 
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

rakuraku_hiza.jpg rakuraku_hiza2.gif rakuraku_hiza3.gif rakuraku_hiza4.jpg rakuraku_hiza5.gif rakuraku_hiza6.gif rakuraku_hiza7.jpg rakuraku_hiza_kae9.jpg rakuraku_hiza_kae10.jpg

ヒロ整形クリニック院長 医学博士 勝野浩先生 「勝野式 RAKUひざクッションのコメント」~ひざを曲げて寝ると、なぜ腰痛にいいの?~

Q: どうして膝を立てて寝るのがいいのですか?

膝を立てて就寝することで、リラックスした睡眠が取れ、一日で腰に溜まってた疲労を緩和させることができます。人間の腰部の背骨は前へ湾曲して出ているため、仰向けで寝ると腰と布団の間には少し隙間ができます。膝を立てると自然に湾曲が和らぎ、この隙間を埋めることができ腰への負担を軽減させるということです。 仰向けに寝ていると次第に腰が痛くなるのは無理な姿勢で寝ていたといえるでしょう。 腹筋を行なう際に膝を曲げて行なうことを進めておりますが、同様に腰への負担を軽減させるためです。

また、このクッションを膝下に置いて寝ることで、膝痛の方も仰向けになった時の膝裏の隙間を埋めてあげることでリラックスでき、膝痛の緩和にもなります。 更に就寝前に、このクッションを膝に挟むことで内転筋のトレーニングも行なえ、失禁予防やO脚補正にも効果が期待できるでしょう。


名称: 勝野式 RAKUひざクッション
素材: カバー:ポリエステル100%
繊維:ウレタンフォームポリエステル100% ビーズ:ポリスチレン
商品サイズ: [縦]約27cm [横]約34cm [高さ]約22cm [重さ]約370g
販売元: 株式会社メイダイ (052)401-0161
広告文責: 株式会社メイダイ
商品詳細: ・膝を立てて就寝することで、従来の仰向け寝でできる腰と布団の隙間を自然に少なくすることができ、この隙間を埋めることにより腰への負担を軽減させます。

・膝痛の方も仰向けになった時の膝裏の隙間を埋めてあげることでリラックスできます。

・膝に挟むことで内転筋のトレーニングも行なえ、失禁予防やO脚補正にも効果が期待できるでしょう。

・リビングなどで背もたれとしても使える。

・カバーのみ丸洗い可能

※当ウェブサイトに掲載されているコンテンツ(文書、画像、映像等)は、著作権法、関連条約・法律で保護されています。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用等する事は法律で禁止されています。

腰痛のお悩み
Q:腰に痛みを感じる場合は安静にするのが一番いいの?
A:安静が必ずしも有効とは限りません。動くと腰が痛くなると考え、腰を動かさないようにしていると、腰がその状態に慣れてしまい筋肉がいつも通りに動かなることも・・・。そういった場合、さらに症状を悪化させてしまうケースもあります。現代では安静にするよりも、日常生活を無理なく続けたほうが良いと言われております。
Q:腰痛でも、仕事や生活をいつも通り活動するためには?
A:腰痛対策コルセットをお勧めします。コルセットは腰回りの筋肉を補助する役割を持つ、いわゆる「疑似筋肉」が腹部に圧を加えることにより、腰への負担を軽減する役割もあります。コルセットには色々なタイプがありますので、症状や体形、使用時間(シーン)に合わせて選びましょう。
Q:寝起きに腰や肩が痛い原因はなんでしょうか?
A:①寝姿勢? 寝返りをせず、体を仰向けにして寝続けると体の一部に重圧が掛かり、腰の沈み込みを誘発します。結果として背骨本来のS字ラインを崩してしまいます。これが、背骨や脊髄の圧迫を及ぼし、腰や肩の痛みの原因となります。腰痛に悩まれている場合は、適度な寝返りや、横向き寝をお勧めしております。

A:②寝具? 敷布団やマットレスの硬さや材質にも大きく関係があります。体圧分散に優れた寝具を使用することで、体全体の重さを腰や肩など点で受け止めるのでは無く、広範囲に体圧を分散してくれます。そして、腰の沈み込みを防ぎ、下から持ち上げるようにS字ラインを保つことで、腰や肩への負担を軽減します。体圧分散に優れ、弾力性に優れている寝具は、寝返りをサポートします。寝返りを打つことで無意識のうちに腰や体のストレッチを促し、筋肉の強張りもなくなり血行も良くなることでしょう。
Q:一日デスクワークで椅子に座っていると腰は悪くなるの?
A:長時間座ったままでは腰への負担が大きくなり痛みが出る事があります。座っている状態は、実は立っているよりも腰への圧力負担が大きく生じます。特に皆さんご存知の通り、パソコンの姿勢・・・。画面に夢中になり、前かがみの背中を丸めて座っている感じは、これは良くない。(見た目も良くないですね笑)適度に立ち、同じ姿勢を長時間続けないことが大切です。しかし、どうしても座っていなければならない状況もあります。そんな時は、椅子やクッションに工夫をしてみては・・。座っている間でも良い姿勢を保ち、さらに長時間座っていてもお尻が痛くなりにくい、優れものに出会えるかも!?
Q:ぎっくり腰(急性腰痛症)はどんな症状?また、どんな時になるの?
A:急激に発症した腰痛を指し、海外ではとても激しい痛みから「魔女の仕業」とも呼ばれるぐらいです。症状には個人差があります・・。ある時、不意に腰に激痛が走ります。立てなくなるほどの痛みで、しばらく安静にしていないと動けません。一度ぎっくり腰(急性腰痛症)になってしまうと数週間は治らないこともあります。くしゃみや重いものを持ち上げる瞬間に発症しやすいと言われています。または、重いと思っていたものを持ち上げたら、思いのほか軽く、その時に腰に激痛が走ったという人も多いです。意識とのずれで体が対応しきれない不意の瞬間に起こりやすいようです。ぎっくり腰は、様々な状況で発症します。したがって予防法も一概にはありません。日々の動き方や姿勢に気を付けたり、十分な筋力や柔軟性を保つことが重要だと思います。

他にもこんな商品があります

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

【臨時休業について】
いつもご利用誠にありがとうございます。心より感謝致しております。誠に勝手ながら弊社棚卸の為7月20日(金)臨時休業とさせて頂きます。

4月19日(木)14:00以降のご注文につきましては、7月23日より順次出荷となります。お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承くださいませ。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ