医学博士×シューフィッター専門家と共同開発。姿勢と足のお悩みトータルサポート

[勝野式 美姿勢習慣]姿勢&骨盤ケアが出来る座椅子

価格: ¥10,080 (税込)
[ポイント還元 1,008ポイント~]
メーカー: メイダイ
型番: 27019
カラー  
ラズベリー
 
ココア
 
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

ヒロ整形クリニック院長 医学博士 勝野浩先生 「勝野式 美姿勢習慣のコメント」

本品は、座るだけで骨盤を安定させて、理想的な美しい姿勢を保つ効果があります。

◎各部の説明 ※腰痛・座骨神経痛対策として おしりを乗せる座面のクッションが骨盤を前後左右から支えて骨盤を整えながら 腰への負担を軽減し、中央の坐骨ホールが座骨への衝撃を解消します。
※猫背解消・肩コリ改善として 背もたれ部分は背筋にぴったりフィットするS字カーブになっており、もたれるだけで自然に 胸が開いた正しい姿勢になり猫背を解消します。 座りながらの簡単なストレッチを加えることで背筋や肩甲骨まわりの筋肉がほぐれて 肩こりにも効果的です。

※正しい姿勢は肥満予防にも 背骨は重たい頭を支える為に適度なS字のカーブになっています。 このS字カーブは重力を分散して筋肉の負担を和らげる大切な役割を担っているのです。 加齢により筋肉が衰えS字カーブが崩れると肩こりや腰痛、肥満など様々な不調の原因と なります。姿勢を正しく保つことは、健康を維持するためにとても大切なことです。 姿勢が悪いと猫背になり、下腹部の筋肉が緩み、バストも下向きになりボディラインも 崩れてきます。

◎美姿勢習慣に 美しいボディラインを作る基本はまず正しい姿勢からです。この座椅子は座るだけで骨盤が 安定し腰痛改善と猫背が解消する美しい姿勢に導く構造になっております。 座るだけだから美姿勢が続いてくせになる。毎日の習慣におすすめします。


名称: 勝野式 美姿勢習慣
素材: 構造部材:金属(鋼) 張り材:ポリエステル クッション材:ウレタンフォーム
商品サイズ: 横幅:約43cm 奥行:約48~88cm 高さ:約15~55cm/重量:2.6kg
商品サイズ: 横幅:約43cm 奥行:約48~88cm 高さ:約15~55cm/重量:2.6kg
付属品: エクササイズレシピ
販売元: 株式会社メイダイ (052)401-0161
広告文責: 株式会社メイダイ
商品詳細: ・医学博士監修。座るだけで骨盤&姿勢ケアが同時にできる美姿勢座椅子。
・骨盤を包み込む独自の形状で座骨への負担を解消。
・人間工学に基づいたS字カーブの背もたれが背筋にピッタリフィット。
・背もたれ部分が肩甲骨まわりを刺激します。
・テレビを見ながらのリラックスタイムがエクササイズタイムに早変わり。
・腰と背筋が安定するから長時間座っても疲れにくい。
・楽々エクササイズレシピ付きで首、肩、全身のストレッチにも。

※当ウェブサイトに掲載されているコンテンツ(文書、画像、映像等)は、著作権法、関連条約・法律で保護されています。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用等する事は法律で禁止されています。

商品説明

・医学博士監修。座るだけで骨盤&姿勢ケアが同時にできる美姿勢座椅子。 ・骨盤を包み込む独自の形状で座骨への負担を解消。 ・人間工学に基づいたS字カーブの背もたれが背筋にピッタリフィット。 ・背もたれ部分が肩甲骨まわりを刺激します。 ・テレビを見ながらのリラックスタイムがエクササイズタイムに早変わり。 ・腰と背筋が安定するから長時間座っても疲れにくい。 ・楽々エクササイズレシピ付きで首、肩、全身のストレッチにも。 ※当ウェブサイトに掲載されているコンテンツ(文書、画像、映像等)は、著作権法、関連条約・法律で保護されています。 これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用等する事は法律で禁止されています。

商品仕様

製品名: 勝野式 美姿勢習慣
型番: 27019
メーカー: メイダイ
製造年: 2016年

姿勢のお悩み
Q:姿勢が悪いと肩こりの原因になるの?
A:肩こりと姿勢は大きく関係していると言われています。悪い姿勢と言えば、ねこ背。ねこ背とは首が前に出て背中が丸くなっている姿勢のことを言います。実は、前に出た頭部を支えるために、首や肩の筋肉には大きな負荷がかかっているのです。パソコンを使用したデスクワークやスマホを見ている姿勢は、自然とねこ背になりやすいため、長く続けていると肩こりの原因となります。ただし、良い姿勢(背骨が緩やかなS字カーブを描いている)を保つことができれば、たとえ長時間同じ姿勢のまま作業をしたとしても、体のバランスがとれている状態となり、余計な負荷が筋肉にかからないため、肩こりにもなりにくいのです。自分では意識していても、なかなか良い姿勢をキープするのが難しい場合には、ストレッチなどで体をほぐすのも有効です。
Q:正しい姿勢は肥満予防にも効果あるの?
A:正しい姿勢は自然と基礎新陳代謝を高めます。逆に悪い姿勢は身体の働きが低下して代謝が落ちてしまうため、脂肪が燃焼しきれないまま体の中に貯まってしまい、肥満になりやすくなってしまいます。また、ダイエット中の人も姿勢が原因で、全然痩せる事が出来ないという人もいます。つまり、正しい姿勢を保つことが消費カロリーを増やし、痩せやすい身体を作っていくことになるため、肥満予防に効果があるという事になります。
Q:正しい姿勢とは?
A:正しい姿勢とは、膝は真正面を向き、骨盤、肩、耳の左右の高さが水平になっている状態で、首から腰に掛けては緩やかなS字になっており、重心が正しい位置にある事です。正直言葉では難しいですね。なので、一度自分が正しい姿勢なのかをチェックしてみて下さい。 ① 部屋の壁に背をつける。 ② あごを引いて、リラックス・・。 ③ 状態をキープ この時に、「頭」「肩」「お尻」「ふくらはぎ」「かかと」全ての箇所が壁についていれば、正しい姿勢が保たれているといえるでしょう。ただし、どこか一箇所でもついていない場合やつきにくい場合は、姿勢が悪いという事です。 正しい姿勢を保つには、日頃から自分の姿勢を意識し、目線は前をまっすぐに向け、顎を軽く引き、胸を軽く張っているかを意識し続けることが大切です。
Q:姿勢を改善すると良いことは?
A:背筋がまっすぐ伸びて正しい姿勢の人は、それだけで美しく、かっこよく見えます。凛として、若々しく見えるため、人に与える印象は数倍良くなります。そして、正しい姿勢で程よく筋肉を使い刺激することで、バストアップやヒップアップも期待でき、引き締まったメリハリのあるボディラインも目指せます。冷え性の改善や老廃物の排出を促すため、便秘改善なども期待できます。1つの姿勢改善をすることで何倍ものメリット(良いこと)が・・・。
Q:体幹を鍛えるのに効果的なウォーキング姿勢とは?
A:姿勢を整えてウォーキングすれば、おのずと体幹は鍛えられます。基本は、まず「姿勢」にあります。カラダの中心軸の体幹を意識して美しく立つことで、全身の筋肉にバランスよい緊張感が生まれます。この姿勢をマスターすることが、効果的なウォーキングのポイントです。そして、歩くときは、腕を上腕から大きく後ろに引き、足はかかとから着地し、親指の付け根に向かって重心移動すると、より効果的となります。このように歩くことで、脚の内側にある筋肉が使われるため、O脚を予防し、まっすぐ伸びた綺麗な脚にすることが期待できます。体幹には、腹筋、背筋、臀筋、さらに体の内側にある深層筋など、大きな筋肉が集まっています。意識した姿勢をとり、効果的な歩き方に変えればウォーキング効果が格段に向上します。ウォーキングをする時間がない、毎日続ける自信がないという人でも、普段の姿勢や歩き方を見直すと良いでしょう。少しずつ地道に続ける事が何よりも大切です。

他にもこんな商品があります

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ