腰が痛くて寝付けなかったり、腰痛のせいで夜中に目が覚めたり、寝起きに腰が痛い・・・など等、
就寝中の腰痛に悩んでいる方は多いのでは!?
就寝中に起こる腰痛は、合わない寝具や寝姿勢に原因がある可能性が高いのです。

腰は身体の全体重を支える重要な部位であるにもかかわらず、なんと背骨のみで支えられているのです。 そんな背骨は、S 字にカーブしているときが理想の状態です。日常生活での腰痛対策は色々とありますが、 我々人間の生活の三分の一は睡眠。その睡眠時間に、背骨のS 字カーブが崩れてしまうと骨や筋肉に 負担がかかり、腰に痛みが生じます。睡眠時に理想のS字ラインを保つことが大切といえるでしょう。

 身体にあわないお布団・マットレスを使っていると腰痛は悪化するといわれています。腰痛にお悩みの方はぜひ確認してみてください。 目が覚めたときに腰の痛みを感じるのであれば、そのお布団・マットレスはあなたの身体にあっていない可能性があります。 お布団・マットレスの種類によっては背骨のS 字カーブを保てないものがあるため、目が覚めたときに腰の痛みを感じるのです。


柔ら過ぎる布団・マットレスが要注意!!


腰が沈むため、首や腰に負担がかかると同時に、背骨のS字カーブが崩れてしまいます。 そして、腰が沈み過ぎると寝返りが打ちづらくなるため、血液循環や体温調整、身体の補整が困難となり、さらに悪循環となります。 だからといって硬すぎるお布団・マットレスだと肩や腰など特定の部位に体重が集中してしまいます。

では、腰痛に適した敷布団・マットレスとは何か?
簡単に言うと、大きな沈み込みが無く、寝返りしやすく、通気性に優れている事。
そして、体重が一部分に集中しにくい耐圧分散に優れている寝具が良いと言われています。
優れた体圧分散寝具は、腰痛の方や寝たきりで床ずれの心配な方など介護用としても最適なほどです。
腰や背中に集中する重圧を分散させることで理想の寝姿勢になり目覚めの良さが変わるはずです・・・。

寝ているときの痛みで最も多い症状は、仰向け+脚を伸ばした状態(姿勢)です。 この姿勢は脚を伸ばすことで骨盤が引っ張られてしまい、その結果腰に力が加わり腰痛を引き起こします。 もし、自分が寝姿勢で腰痛に悩んでいるのではあれば、見直しをしてみることをお勧めします。

膝を立てて就寝することで、リラックスした睡眠が取れ、腰に溜まった一日の疲労を緩和させることができます。 人間の腰部の背骨は前へ湾曲して出ているため、仰向けで寝ると腰と布団の間には少し隙間ができます。膝を立てると自然に湾曲が和らぎ、この隙間を埋めることができるため腰への負担を軽減させるということです。 但し、一晩中ひざを曲げた状態で睡眠をとるのは不可能です。そんな時は、ひざの下にクッションを入れるのが有効でしょう。お勧めの専用のクッションもあります。

[ 勝野式RAKU ひざクッション]
膝を立てるクッション
詳細はコチラ>>

横寝は、背骨の沈み込みが無いので、就寝時の背骨への圧迫を回避することで、腰痛の痛みを緩和することができます。 横向き専用枕など様々な横寝を推奨する寝具があります。

[ 勝野式 横寝枕]
横向き寝用枕
詳細はコチラ>>